ニュース

からだが硬い人へ

まずは……私も硬かった人間です。でもこうして人様に柔らかくなることを教えている人間になりました。それは何故だと思いますか?ずばり硬かったからです。元々柔らかかったら、美人だったら、胸が大きかったら少し違った人生になっていたと思います。笑

体が硬いと何か悪いみたいな、コンプレックスのようにお思いの方がおられますが、まずその思考をやめるところから始めましょう。私はできない、硬い、等マイナスな言葉を発すると、本当に脳からストップがかかり、筋肉に緊張が走り、力んでしまうのですyo。脳のストップはすべてをストップさせている思考癖であり、本当に体を動けなくしてしまいます。「こんな年だから、変えられないのよ」とか「こんな年ですがレッスン受けてもいいですか?」と年齢的なことをすぐ口にする方、 「小さい頃からこんな硬い人見た事無いと言われてましたが、いいですか?」「私みたいなものが…」とおっしゃる方が本当に多いんですよ。不幸自慢大会と私は呼んでいますが。も~聞き飽きてます。笑 とにかくです!自分の今を素直に受け入れて、清濁併せ飲んでど~んといきましょ う!そのくらいの大らかな氣持ちで!素直が一番!素直が一番!電話は二番♪ふるい~

死ぬまで人は変われるし、硬い人でも柔らかい人でもなんでもOKと私は豪語したいです。年齢なんて全く関係ないです。性も関係ありません。過去も全然関係ありません。希望と好奇心さえ持ち合わせていればいいのです!「変わろう」と素直に思えば、その時すぐ変われます。見栄とか体裁とかくそっくらえです。あ、すいません、不適切な言葉でした。でも、本当にそう思います。

過去は変えられなくても、未来は自分でどのようにでも変えられます!私、硬いんですよ~とか、年なんで~とか謙虚に言ったとしても、その度に脳は聞き、身体も聞いているという事を絶対に忘れてはなりません。毎日、硬いと言われ続ける筋肉が伸びるはずないですよ。筋肉君だって細胞で生きています、いじけますよ >。<;) 言葉はブーメランですよ!自分に返ってきます。もし「私、暗いんです」と言う人があなたの前に現れたら、明るくなる氣がしますか?それと全く同じです。 「私、硬いんです」と私の前に現れたら、私はこう答えます。「私も硬かったです、でも今は変わりましたよ」と。「きっとあなたも変われます よ!」ってね  ・:,。★\(^O^ )♪とんとん

結局、人間というのは、比較論でものごとを考えがちなんですね。無人島で誰もいなかったら硬いとか思わないです。柔らかい人がいるからそう感じるだけ。氣のせいです。笑 私が証明です、というような豪語はできないタイプですが、この硬い人へのメッセは少し強く言いますね。どうぞ、何も恐れることもありませんし、卑下することも凹むことも全くないです。堂々と自分と向かい合って改革しましょう!

皆さん、赤ちゃんだった時を思い出せますか?実は柔らかかったはず!です。赤ちゃんは筋トレもストレッチもしません。笑顔で自発的に動き、新鮮に動き、歪みが無くほわほわです。つまり、答えはシンプルです。元に戻せば、柔らかくなる!はずなんですyo。殆どは、生活の中のこと、首コリ肩コリ、腰痛、姿勢、食べもの、筋力低下、運動不足、ストレス、思考癖、なんらかの悪しき週間で何年も蓄積で 「硬くなった」だけです。それらを一つ一つクリアしていけば、元の柔らかさをとり戻せます。方法はたくさんあります。引きだしもいっぱいあります。どうぞなんでもぶつけてみて下さい。できうる限り対処します。柔軟職人の腕がなります。笑

とはいえ、何かを長期間成し遂げるためには考えや行動を一貫させる必要があります。やみくもではなく、きちんとした理論、筋道で回り道でも、少しづつ少しづつやれば必ず目標に近づきます。なんとなくやってきている固定概念をまずいったんとりはらうことも大切です。勿論、即効的に魔法のように柔らかくすることもできます、でも、それも継続、集中、努力しないと元の木阿弥です。反復が力となり、一貫がエネルギーとなります。大きな自信にも繋がります。

ご自身の体を、人間の体の事をよく知って頂きたい!毎日自分の身体の状態に興味を持ってほしいし、それにどう向かうか考え、それで行動を起こしてほしい。日常出来る事からまず始めて下さい。大方姿勢や生活の見直しですそして、動かす時のアプローチ方法をひとつと決めず、角度を変え、さまざまな面から問題にトライする事。堅い頭では身体も柔らかくなりません。がんばらないで、あきらめない!少し頑張る!です。毎日身体の発見しましょう!

柔軟の順番に決まりはなく、国際法も刑罰も賞味期限もありません。とりあえず、ひざが曲がっていても、お尻が浮いてもいいんですただ、いきなりストレッチだけはお願いですからもうやめてほしいのです。とりあえず、ほぐしまくる、これに尽きますさらにサクセスイメージを体に教えてあげる事!「だめだ、硬い、できない、どうせ私は…」マイナスな言葉は言わない、思わない。「筋肉さん、今日もよろしくね」くらいの気持ちで取り組みましょう!どうぞ、ご自身の身体を子供を育てるように、いたわり、優しく、時には厳しく、向かい合って下さい!体と心と人にwin win winなbodyworkを^o^/

書きたいことは山ほどありますが(くどいのがおおいに傷…)、日々やることはすごくシンプルだと思いますし、実は特別な事じゃない。ある意味生きて行く、ってことだよね?生きる基本、当たり前のこと!

身体を歪ませない(姿勢)
身体をとにかく動かす(有酸素など)
身体をほぐす(運動の前後)
縮んでいる所は伸ばす(ストレッチ)
思考を変える
身体の使い方を知る

こんなことを地道にしていれば絶対身体は変わると思います、きっと!

動かない人が増えているのと同時に、動こうとしている人も増えている。私的には動かない、動かないままでいたい人もそれでも少しは動くような氣になるような仕掛けをしたいし、動こうとしている人、動いている人にもそれ相応の方法論でさらなる方法で向かってほしいと思います。一日でも早くそれぞれの目標の柔らかさになれるますよう間違ったやり方で怪我になったり、無駄な時間と労力を費やさない為にも、まずは理論をしっかり身につけて、ほぐしてストレッチ「ほぐれッチ」ケア道、一緒に始めましょう!私の理論が皆様のお役に立つ事を祈っております!

2013/06/01 12:00PM | メッセージ